酪農の現場から

牧場紹介Vol.2【太田牧場】

酪恵舎のチーズの素は、同じ白糠地域の牧場の生乳です。いくつか提携牧場がある中、今回は太田牧場さんをご紹介します。

【太田牧場】
昭和38年に白糠地域へ入植。
搾乳牛70頭、育成牛70頭のホルスタインを飼養しています。

▼飼養方法
[牛舎]フリーストール
[搾乳]ヘリンボーンパーラー
[主な餌]TMR
[餌自給率]50%
[草地面積]100ha(成牛1頭当たり1ha)

【太田さんからのメッセージ】
当牧場は牛を購入して頭数を増やすのではなく、自家育成で牧場経営しています。
種付け、出産、哺育、育成を一貫することで牛の状態管理がしやすく、良い生乳となります。今後も自家育成にこだわり酪農業を続けていきたいです。

チーズ職人

  • 白糠酪恵舎 代表 井ノ口 和良
             

    福岡出身。18歳で北海道に渡り帯広畜産大学を卒業後、道東へ移住。 酪農と関わり暮らして37年。夢は原材料100%の純国産チーズを作って広めること。

  • 及川 由博

    生まれも育ちも生粋の北海道人。25歳で井ノ口代表と出会い、チーズ作りの虜に。酪農の豊かさを共有しあえる仲間づくりに奮闘中。

カテゴリ

READ MORE