【チーズの保存ポイント】フレッシュチーズ編

■チーズの保存に最適な温度は?

チーズを買ってきたら、冷蔵庫にいれて保存する方も多いですが、実はイタリアではチーズは常温で販売されています。ミラノなどのチーズショップでは冷蔵ケースに入っていることもありますが、基本的には常温保存です。

しかし、日本では保健所がチーズは10℃以下で冷蔵保存するように推奨しています。そのため、店頭でも10℃以下の冷蔵ケースに入れられていますが、本来チーズの熟成温度は15℃や22℃など。熟成中のほうが温度は高めなのです。

■種類によって異なる保存ポイント

チーズは、フレッシュチーズ・熟成チーズ・プロセスチーズでそれぞれ保存の際の注意点が異なります。それぞれのポイントを押さえて、おいしいチーズをいただきましょう。今回は、フレッシュチーズの保存ポイントをご紹介します!

▼フレッシュチーズの保存ポイント

フレッシュチーズは、基本的に水分が多く塩分が少ないため、菌に汚染されやすいチーズです。そのため、購入したらできるだけ早く食べるようにするのはもちろん、製造日に近いものを買ってきましょう。自宅では冷蔵保存で、夏場は特に常温保持のまま移動するのも避けられるように、購入時にはクーラーボックスや保冷バッグを持っていくのがポイントです。

モッツァレラチーズは、水に入っているものは食べ切れなかったときは水を捨ててチーズだけをラップにくるんで冷蔵庫で保存してください。常温発送しているチーズ屋さんのものは、すぐ食べるのが基本です。

リコッタチーズは、フレッシュチーズのなかでも特に菌に汚染されやすいチーズなので、特に取り扱いには注意してくださいね。

保存方法を間違えてしまうと、せっかく買ったチーズが台無しになってしまうことも…。おいしくチーズを食べるためにも、しっかり保存方法は守るようにしましょう。