リコッタ

ricotta_img01
ricotta_img02
ricotta_img01
ricotta_img02

特徴

チーズ製造時に出るホエー(乳清)を加熱してその中のタンパクを凝固させて作るチーズ。牛乳豆腐(※)やマスカルポーネ、インドのパニールといったチーズとほぼ同じ製法です。

※出産直後の母牛が、仔牛に与える栄養豊富な初乳を酸で固めたもので酪農家の特権料理または牛乳に酸を与え、豆腐状に固めた食品全般

酸度の調整はホエー中の乳酸菌が生産する乳酸で行います。そのため日によって酸度は微妙に変わります。結果として製品の柔らかさも日によって若干違います。穏やかなミルクの風味とナッティな甘味が特長です。牛乳好きには堪えられないチーズです。

優しさ
強さ
賞味期限 製造後10日

白糠酪恵舎の
「優しさ」と「強さ」とは

日本人には「素材の本質を受動的に受け止めて具現化する力」があります。乳の本質はお母さんの愛です。それは「優しく」て「強い」ものです。なので私たちはチーズに「優しさ」と「強さ」を感じられるように作ります。具体的には「優しい」乳酸菌のテルモフィルを中心に作るとチーズは優しくなります。「強い」乳酸菌のヘルベティクスを中心に作るとチーズは強くなります。この二つの乳酸菌を調整し、加えて水分や塩分の調整でそれぞれのチーズの優しさと強さのバランスを取ります。
そして何よりも母の愛感じるチーズは食べた人がホッと安心する食べ物になります。

美味しい食べ方

料理にもお菓子にもOKの万能チーズ
リコッタは新鮮さが命です。調味料で味が変わるのがこのチーズの特長。砂糖や蜂蜜をかけるとデザートに、醤油や塩を加えると料理の食材になります。そのままツナを合わせたり、オーブン焼きなど火を通してソースと合わせることでコクと風味が深まります。
お菓子に使うときは裏ごしするとなめらかになります。アカシアの蜂蜜と相性がよく朝食にもってこいです。

チーズの豆知識

当社商品の取り扱い・販売について、
気軽にお問い合わせください。